災害時でもオーラルケアができる

歯の健康を維持しよう

歯を磨く方法

歯ブラシがなくても、歯を磨くことができると知っていましたか。
災害時にとても有効な方法なので、調べておきましょう。
清潔な布を指に巻いて磨くだけでも、汚れを落とすことができます。
歯ブラシがなくて困った時は、その方法を使ってください。
水が使える状況なら、うがいするだけでも効果を発揮できます。
食後にうがいを忘れないでください。

ですが災害時は、水は貴重な存在です。
無駄に使わないことを意識してください。
1回のうがいで、30ミリリットル程度の水があれば十分だと言われています。
いつ水が使えなくなるか分からないので、30ミリリットルを徹底してください。
みんなで水を使いすぎないことを心がけていれば、うがいする分に回せます。

唾液を出す

唾液は、口内環境を清潔にする効果を持っています。
ですから災害時は、普段よりも多めに唾液を出す意識を持ってください。
それがオーラルケアに繋がります。
ですが意識して唾液を出すことは、非常に難しいと思います。
たくさん唾液が分泌されるツボがあるので、マメに押してください。
耳の真下の部分が、唾液を多く分泌するコツになります。

また、食べ物をよく噛むことでも唾液が分泌されます。
急いで流し込むように食べるのではなく、よく噛んで味わってください。
ガムなどを噛むことでも、唾液が分泌されます。
キシリトールガムなら、オーラルケアに効果を発揮できるので災害対策の準備に含めておきましょう。
ガムは賞味期限が長いので、ずっと保存できます。


この記事をシェアする