防災時に有効なオーラルケアとその方法

災害時でもオーラルケアができる

歯の健康を維持しよう

急に災害が発生すると、オーラルケアができなくなってしまいます。 歯ブラシがあれば良いですが、用意していない家庭もあるでしょう。 普段使っている道具がなくても、オーラルケアを済ませる方法があります。 今から知っておくことで、将来災害が起こっても安心できます。

簡単にオーラルケアを済ませよう

災害が起こった時は、生活を送ることが困難になります。
そんな時こそ、普段からしているオーラルケアのことを忘れないでください。
歯のことまで気が回らないかもしれませんが、オーラルケアは非常に重要です。
口から呼吸をした時と同時にバイ菌を吸い込んで、病気になってしまうかもしれません。
普段だったら口内でバイ菌を止めてくれますが、災害が起こって歯磨きができない状態だとバイ菌を素通りさせてしまいます。
病気を防ぐためにも、オーラルケアが必要です。

いつでもオーラルケアができるようなアイテムが、販売されています。
自分だけでなく、家族のことも考えてください。
また、何日間か乗り切れる用意を整えておきましょう。
災害が発生して、1日や2日で復旧するとは限りません。
1週間や、長いと1か月以上も避難所で生活を送ることになります。
避難生活が長くなっても、オーラルケアを欠かさないよう準備を整えておきましょう。
家族の人数が多くなれば、用意する数も増えます。

災害の準備をすでにしている人が多いと思いますが、歯磨きの道具を忘れている人が見られます。
普段通りの生活ができることを心がけてください。
すると、災害時のストレスを少しは軽減できます。
避難所で生活を送っていると、ストレスが与えられます。
肉体に異常が見られなくても、精神的に負担が与えられたら健康ではありません。
心身ともに健康でいるためには、オーラルケアの用意を忘れてはいけません。

おすすめリンク

液体歯磨きを用意しておく

液体歯磨きがあると災害時に重宝します。 災害の準備をする際は、必ず用意しておきましょう。 大容量サイズの液体歯磨きが多いので、1つ持って入れば家族の人数が多くても長い間使えます。 ドラッグストアやスーパーで購入できるので、さっそく買いにいきましょう。

有効活用できるものとは

災害が起こっても、その場にあるものでオーラルケアができるので安心してください。 何が有効活用できるのか、前もって調べておきましょう。 普段はパソコンなどで情報収集をしている人が多いと思います。 しかし災害時にはそれらが使えなくなるので、情報収集する術がありません。